ユウコ先生から学ぶ、コンディショナー、トリートメント、ヘアパック!!

  •  
  • 2013-04-15

皆さん、こんにちは!
コンディショナーとトリートメントは、まったく違うものだと考えている人が多いようなので、
「正しいセルフケア」を伝えていきますね。

コンディショナーとトリートメントの成分はとてもよく似ていて目的は2つあります。

  • ① シャンプーで失われた油分を補って髪をしっとりと仕上げます。
  • ② シャンプー後、髪の毛の状態を整えていきます。

むずかしい説明は省きますが、シャンプーをしたあとの髪の表面に、コンディショナーやトリートメントをのせることで、油性の膜をつくります。
こうして髪の毛を整えてキューティクルが傷むのを防ぎ、ブラッシングなどで髪に静電気が起こるのを防ぎます。

こうした働きは、コンディショナーもトリートメントも
基本的には同じです。
違いをあげるとすれば、コンディショナーよりもトリートメントのほうが髪に有効な配合成分の濃度が高く、髪の毛への浸透力も強いという点です。

つまり、コンディショナーは主に髪の毛の表面に作用し、トリートメントは髪の毛の内部にまで作用して栄養補給をするのです。

光ってるでしょ?

ヘアパック

ヘアケア製品のひとつにヘアパックがあります。成分はコンディショナーやトリートメントと同じです。
ただし、配合成分にケラチン(たんぱく質)、保湿など、髪の毛に必要なものが更に贅沢にたっぷり・たっぷり・たっぷり含まれています。

次回は、コンディショナー、トリートメント、ヘアパックの使い方を伝えます。

つづきを楽しみにね♪